山の記録一覧へ

2012年2月4〜5日 八ヶ岳 赤岳西壁主稜/アイスキャンディー

[メンバー]いっくん、めろ

[コースタイム]
●4日 アイスキャンディー
0935 茅野駅
1020 美濃戸
1330 赤岳鉱泉〜アイスキャンディー
1630 赤岳鉱泉
1730 行者小屋

●5日 赤岳主稜
0700 行者小屋
0800 取り付き 0845
1340 赤岳頂上 1400
1450 行者小屋 1535
1740 美濃戸


------------------------------
●4日 アイスキャンディー

アイスキャンディは内側から階段がついていて、支点を張れる。
トップロープでいっくんのノミックで遊ぶ。
穴がたくさんあって、足も沢山あるので、ひっかけて登る。

そのうち足がつる。いてててて!! 両足のふくらはぎとすね、さらに太ももも。他のクライマーのおじさんに足を伸ばしてもらったり、漢方薬をもらって飲む。
朝から腰が痛かったり、なんか違和感があったけど、こんなにつったのは初めて。ミネラルが少ないのかビタミンが足りないのか、それとも黄砂か?まさか糖尿病じゃ・・・
漢方薬を常備しようかな・・・

アイスの横に休憩所があって練炭を焚いていてあったかかった。

------------------------------
●5日 赤岳主稜

前回の赤岳主稜敗退のリベンジ!いっくんを誘っておきながらオールリードをお願いしようと企んでいたら、 お互い同等に登ることの素晴らしさ!?を言われ、、、ちゃんとリードすることにしました。おかげで楽しい岩稜歩きができました。感謝!!!


(以下、ピッチなど記憶があいまいなため、思い出せるところだけ記録)

1P目(いっくんリード) 
真っ正面からチョックストーンを乗り越える。最初なのでセカンドでもビビり気味。
ロープの絡みを直すのに時間を取られていると、4人パーティがやってきた。

1P目を登り切ると、前回敗退時に取り付いた場所に出た。

2P目(めろリード) 
3メートル岩壁、前回敗退時、Sくんは直登したけど、怖いので左から巻くと登りやすい。 その上は雪稜、ロープいっぱいのとこでピッチを切る。

3P目(いっくんリード) 
雪稜。

4P目(めろリード) 
凹角の岩を登る。その後雪稜。

後ろからソロのおじさんが空身で登ってきた。もう何度も登っているひとなのか??結構怖い箇所もあるけど。。。

ダブルロープ2本で登っていたが、前日のアイスで一本はバリバリに凍っていてビレイでロープを引くのに一苦労。凍ったロープを片づけて、ロープを一本にして行くとスムーズにいけるようになった。
ロープを一本登山口にデポしてこようと思ったが、持ってきていて正解。一本だったら、アイスで凍ったロープで主稜に来ることになりまたもや敗退するところだったかもしれない。

5P目(いっくんリード) 
岩稜。特に悪くない。気をつければ大丈夫。

6P目(めろリード)
ルートが沢山ある。(支点が色んなところに4か所ほど見える)右から巻くと簡単そうだが、あえて難しそうな方へ。左方面に行こうとするが、悪そうなので正面のルートを進む。が、悪い。
頑張って支点のとこまでなんとか登ったが、ハーケンや残置スリングは古くあまり体重を掛けられない感じ。
その上は遠くから見ると抜けられそうで簡単に見えるが、実際は被っていて難しい。左にトラバースしようとも手がなさそう。
12クライマー?のいっくんなら登れるかも?とそこまで登ってきてもらうが、ハーケンもないし落ちたらヤバそうなので安全を第一に懸垂(約5m)して出直し。
リードで、神経を使ったためか、そこから一気に疲労を感じた。

2パーティに先に抜かれ待ち時間ができたので、お腹もすいたので昼飯を食べようとしたが、もってきた食糧のはずが、なんと夕飯の残飯・・・ひぇーまじ??
ザックを漁るが、馬鹿なことにやっぱり間違えて持ってきたらしい・・・。いっくんから貴重な柿の種をもらい凌ぐ。こんな不注意は山をやって以来初めて・・・

7P目(いっくんリード) 
結局右から回る。ここには、新しいペツルのハーケンが打ってある。が、ここから上が結構悪かった。
岩が切り立っている岩壁をトラバースして登る。滑落しそうで怖い。
今回のルートで一番怖かったところ。リードできるかな・・・・?

そこを登り切ると、稜線で、ちょうど地蔵尾根に合流する感じ。もうリードは無理だ〜と思ったくらい疲労していたので一安心。
ロープをしまって、頂上へ向かう。

頂上は360度の大展望!アルプスがきれい!!!感動しました!赤岳でこれだけ天気がいいのは初めて。
大大大満足!

赤岳からの下山もヘトヘト。いっくんも同じくヘトヘトだ。北鎌と同じくらい疲れたらしい。

行者小屋から美濃戸も最初はペースを上げ、12月に来たときも歩きやすく滑りながら歩いたりできるので順調だったが、ザックが重く、肩が痛いし、全身ヘトヘトで体力の限界。 なんとか美濃戸に辿り着いた感じ。

ビールとチキンナゲットで乾杯し、硫黄〜赤岳をラッセルしながら12hかけて登ってきたというおじちゃん2人とお喋りしながらタクシーで茅野へ。

おつかれさまでしたー^0^


【今回の反省】
・取り付きでロープが絡まってしまって、ほどくのに1時間近くかかってしまい出発が遅れた。出発前にロープをきれいにすべし。 (でも私のベアルのロープはほんとに絡みやすいので、買い直したほうがいいかも。。。)
・なんと行動食+非常食を忘れた!!間違えて同じような袋に入っている夕食を持って行ってしまった。遭難したらやばすぎ!
・今回のルートは、支点が岩になることが多かったので、長スリングが役にたった。
・頂上から下山道を間違え登り返す。地図だと良い方向なはずだったけど・・・要確認。ガスっていたら危険。
・アイスをやったあとのロープに要注意!


-------------------------------
炭火焼肉 横綱
行きつけになりそう。うまっ!
-------------------------------


山の記録一覧へ 縦走、ハイキング 岩登り 沢登り そのた


アイスキャンディ

行者小屋

赤岳主稜

稜線に出る 頂上へ向かう

最高ー!

富士山もきれい〜

いえーい!

 

誤って阿弥陀方面へ下る。岩壁で行き止まり・・

権現・阿弥陀方面 いつかいってみたい
inserted by FC2 system