山の記録一覧へ

2016年3月29日 / 中央アルプス サギダル尾根〜宝剣岳

[ member/style/gear ]

クオーク×2、50mダブルロープ2本、日帰り冬装備

[ info. ]

・菅の台バス停〜千畳敷ロープウェイ乗り場 800円
・ロープウェイ2000円くらい?
・駐車場600円/日

・稜線上で一箇所懸垂箇所あり。
・やっぱりバリエーションはストレートのバイル持参すべきだった。

[ time ]

0940 サギダル取りつき
1115 1P目
1200 サギダルの頭1230〜宝剣岳
1430 コル
1500 千畳敷ロープウェイ乗り場

---------------------------


取りつきはロープウェイから下りてすぐ。
サギダル尾根が見える。

雪崩を気にしながら雪稜を歩く。
16日に八丁坂で雪崩があったとのこと。

昨日に降雪10cmと、トレースはなく確かに10cm埋もれるがその下は固い雪面となっている。表層雪崩に注意して歩く。稜線に出てから相方が歩いた後で、 小さい表層雪崩が起きていた、相方は気づいていない様子だったけど。

サギダルは2ピッチ、もしくは4ピッチとることもあるらしい。

岩稜帯に出てから2ピッチで行ったが、その手前の雪のリッジが嫌らしかったので、もう少し手前からピッチを切ればよかった。

嫌らしいリッジや岩稜の脇には、ワイヤーが張られていた。
岩稜帯で北側にワイヤーがあるがどろどろの草付なので、南側の雪稜から登るとバイルがよく効いて登りやすい。でも急傾斜で細いリッジさらに高度あるので、 トップだと怖い。

やや薄い岩はレイバックで登る。これもセカンドだから出来るが、、、。トップの相方はこの辺ワイヤーで登ったらしい。

何しろ我々、肘の故障で、もう数カ月クライミングのトレーニングをしていない。

この辺の岩稜がずーっと続けば、自分的には八ヶ岳旭岳東稜に似ている感じがして、とても短いルートだけど、とても満足感あるルートだった。

2P目は、めろリード。でももう岩は無く、雪稜からすぐにサギダルの頭。ロープもあまり必要ない感じ。

サギダルの頭に着くと、風が吹き顔が冷たい。雪煙が舞う。

今日はバラクラバを忘れてきてしまったので、左顔面の感覚が無くなってくる。
うーん、顔が凍傷になりそうだ、、、上下ソフトシェルで来たが身体は寒くない。でも自分の温度感覚なんてあんまり当てにならないものだと思っている。 とにかく顔が風に当たらないように姿勢をとってビレー。相方着いたらとりあえずカッパを着よう。

そんなんで、取りつきから状態いまいちであったが、風に吹かれ稜線に出てから調子不良。
なんとか相方に引っ張ってもらい、宝剣岳を越えコルから千畳敷へ下山。

サギダルより宝剣岳稜線の稜線の方が悪かった。相方はもちろんサギダルの方が悪かったと言っているが。

飲まず食わずだったが、腹はそれほど減っていなかった。
仕事の疲れで自律神経が崩れていた。
睡眠不足。
簡単な雪稜ばかりでロープ使う山に行ってなかった。 クライミングしてなさすぎて恐怖心が増していた。
全身のバランス感覚や腕力も落ちていた。

早くクライミング再開しよう。万全で楽しむべし。


サギダル尾根

千畳敷カール 右下に登山者 たくさん登っている

サギダル尾根下部

サギダル尾根

1P目

2P目

サギダルの頭へ

サギダルの頭

サギダルの頭へ

サギダルの頭

顔がつめてえ

稜線

ここでよく人が死ぬらしい。。怖かった

宝剣は、、

カール貸切!いえーい!

サギダル尾根
|  めろ路 やまのきろく一覧へ  |

inserted by FC2 system